« 2019年5月 | トップページ

2019年7月

2019年7月21日 (日)

災害時に役立つホメオパシー

65766678_2464957523564846_13537148978918

九州・中国・四国地方で激しい雨が降り続いております。
お知り合いやお友達が居られる方は、ぜひこちらの記事をシェア・拡散ください。ホメパシーのレメディーが、少しでも皆様のお役にたてることを願っております。

どうかくれぐれもお気をつけ下さい。


********************************

ホメオパシーを使った災害対策

九州・中国・四国地方を中心に記録的な大雨が続いています。気象庁や自治体の情報に従い、自分の命、大切な人を守るために適切な行動で安全を確保して下さい。ホメオパシーでは災害時の心と体のケア、PTSDなどに良いレメディーがあります。この記事では災害時の症状に合うレメディー紹介します。

ホメオパシーを利用した災害への対処法の詳細は、東日本大震災を教訓に執筆された由井寅子著『ホメオパシー的災害対策』(ホメオパシー出版)も合わせてをお読みください。
______________________

PTSDサポートレメディー(Acon. 、Arn. 、Ars. の コンビネーション)
体と心のショック、体の打撲、けが、心の恐怖や不安、にあう必須のレメディーとなりますので、常に持ち歩いてください。災害による体と心のショックには、深い心の傷となるPTSDにならないために、早いうちにホメオパシーで対処する事が望ましいです。避難生活でのエコノミー症候群などにも合います。

この3つのコンビネーションレメディーがないときは、単体でとられてもよいです。
関連するフラワーエッセンスなどもお持ちであればお勧めです。
____________________________________________

≪その他の主要レメディー≫
キットお持ちの方は、
以下のレメディーは心のショックや緊急時の対応にとっても良いレメディーです。
(過去にこのような経験でPTSDをお持ちの方にもおすすめいたします。)

Acon. (アコナイト) ・・・恐怖、後に恐怖が続く
Op.(オピューム)・・・恐怖、恐怖の感覚が麻痺するほどの恐怖
Arg-n. (アージニット)・・・恐怖、パニック
Stram.(ストロモニウム)・・・恐怖
Ars.(アーセニカム)・・・不安、心配、下痢
Arn. (アーニカ)・・・打撲、ケガ
Hyper.(ハイペリカム)・・・打撲、ケガ
____________________________________________

レパートリー ※『ホメオパシー的災害対策』より抜粋編集
●事故・けが
 ・切り傷・刺し傷 Arn. Hyper. Sil. Staph.
 ・打撲 Arn. Hyper. Nat-s. Ruta.
 ・捻挫 Arn. Ars. Caust. Chin. Cocc. Ign. Led. Nux-v. Ruta.
 ・骨折 Arn. Calc-p. Carb-v. Caust. Ruta Sulpph. Symph.

●避難生活
 ・低体温 Chin. Ars. Arn. Nat-m. 他
※冷え対策では腎臓や脾臓など臓器をサポートすることも大事です。
 ・壊血病 Ars. Chin. Merc.
 ・便秘 Chin. Graph. Op. 他
 ・疲労困憊 Acon. Carb-v. Cocc.他
 ・不眠 Arn. Ars. Cham. Coff. 他
 ・眠気 Nux-m. Op.
※腎臓など臓器をサポートすることも大事です。

●心の問題
 ・死への不安と恐怖 Ars. Carb-v. Phos. 他
 ・夜中の死への恐怖 Con.
 ・不幸になることへの不安(予期不安) Alum. Merc. Ars. 他
 ・死にたくなるほど自分が不幸と感じる人に Carb-v.
 ・揺れの恐怖 Bor.
 ・水の恐怖 Merc. Stram.

●PTSD
 ・緊張 Bell. Chin. Ruta.
 ・いら立ち Cham. Ip. Nux-v.
 ・悪夢 Ars. Bell. Dig. Ign. Merc. 他
_________________________

★自分とご家族を守るためホメオパシーを学んでみませんか?家族を守るファミリーホメオパスコース・CHhomプロフェッショナルコースともに募集中。オープンキャンパス(無料)を実施しております。

コースの概要
http://www.homoeopathy.ac/2012/coueses/index.html#pro

オープンキャンパス 公開講座 (無料)
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/open_campus.php


****************************************************
CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)福岡校 
〒810-0022 福岡市中央区薬院1-16-5 松井ビル701
TEL 092-738-6844 FAX 092-738-6845
E-mail:chhom-fukuoka@homoeopathy.ac
****************************************************

2019年7月18日 (木)

【開催報告】福岡校ミニセミナー「ホメオパシー的ストレス解消講座」が開催されました!

Dscf5339 Dscf5356

Dscf5343  20190718_fukuoka_03

本日CHhom福岡校にて、安武由希子ホメオパスを講師にお迎えし、ミニセミナー「ホメオパシー的ストレス解消講座」が開催されました。

これまで5年間に渡り講師を担当頂いておりました安武由希子ホメオパス担当による最後のCHhom福岡校ミニセミナーということもあり、あいにくの梅雨空でしたが、多くの方にご参加頂き、会場は満席状態。会場の中は一足早く夏を迎えたような熱気に包まれての開催となりました。

まずは、座学の時間です。夏にストレスを感じる代表的な症状である「熱中症」・「冷房病」の対策としては、体の代謝を高め、排毒を促す必要があり、自分の本来持っている排出力を高めるためにホメオパシーのマザーチンクチャーやレメディーがどのように体に働きかけていくのかを臓器どうしの関連性を図にした「五臓六腑表」を用いて大変分かりやすく説明して頂きました。

座学の後は、毎回好評を頂いているワークの時間。今回は臓器と感情は繋がっているというお話に関連して、みんなで自分が本来持っているピカピカの感情を体感してもらうために2人1組になり、まずは笑顔で握手をして、心の中で「大好き。」と唱えてから相手の良いところを伝えていく「インナーチャイルドワーク」を行いました。

すると、日頃のストレスを解消することが出来たのか、会場の空気や参加者の皆さんの表情がものすごく穏やかになっていったのです。そして、今回のミニセミナーもあっという間に時間が過ぎていきました。安武先生楽しいミニセミナーをどうもありがとうございました!

次回のCHhom福岡校ミニセミナーは、2019年7月より隔週木曜日と日曜日に日本ホメオパシーセンター福岡本部にて健康相談会を担当されている安藤久美子ホメオパスを新たな講師としてお迎えし、今秋に開催予定です。

開催日・内容等詳細が決まり次第、改めてCHhomのホームページにてご案内させて頂きますので、ぜひ次回の開催を楽しみにお待ち下さいね!

福岡校ミニセミナーのCHhomホームページでの掲載ページ
及び参加者の皆さんのアンケートはこちら

 

« 2019年5月 | トップページ